☆FX ブレイク☆

FXがもっと簡単に勝てる! ようになるfxブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2月14日


14日(月)の経済カレンダー
【新】 06:45 12月小売売上高[前月比]
【新】 06:45 12月小売売上高コア指数[前月比]
【日】 08:50 GDPデフレーター[前年比]
【日】 08:50 第4四半期名目GDP[前期比]
【日】 08:50 第4四半期実質GDP[前年比]
【日】 08:50 第4四半期実質GDP[前期比]
【欧】 19:00 12月鉱工業生産[前年比]
【欧】 19:00 12月鉱工業生産[前月比]


FXBです。

今日はとっておきのブレイクパターンを紹介します。

これ ↓ 下へのブレイク


FXB153.jpg

  +60pip 今月トータル340pip



FXB154.jpg

30分や60分を見ても明らかなダウントレンド。
でも15分だけは、はアップトレンド。
だから、ロングだと思って入るとダマシブレイクに引っかかってしまいます。

ただ、このタイプのブレイクは東京時間の安値で入ろうという市場心理が働くと思うが、
トレーダーは、その逆だと思わなければいけない。
つまり、東京時間の安値で反転するかも?
と思いながら入り、そのラインは素直に抜けるか?どうか?を注意深く見ながら監視。
危ないと思ったら、利益のある内に勝ち逃げすることです。


読者からの  です。

最初はFさん。


こんばんは。Fです。16時ごろGBPCHFがブレイクしたと思い1.5635で買いまし
た。どの時間足もMAが右肩上がりだったので上昇すると思ったのですが、ストッ
プ(-20pip)になってしまって残念です。


これはね〜  利益のある内に勝ち逃げすれば良かったトレードみたいです。
わざわざ、STOPに引っかかるまで待つ必要がなかったと思います。

次はRさん。


いつも拝見し勉強させていただいています。

先週はポンドルのショートやポン円のショートで、かなり勝てました。(先々週
が散々でしたので、負けた分を取り戻せただけですが)
ポンドルは、ずっと狙っていた1.6000付近のブレイクが決まったので嬉しかった
です。
その前は、いきそうでいかずに建値決済や、ポンと上げた時に刈られたりしてま
したので。

水平線はちゃんと引けるようになると、勝率が良くなると日々実感しています。

とても初歩的な質問で恐縮なのですが、どうも私はトレンドの見方があいまいな
ように感じています。

自分なりに見てはいますが、疑問を解決できないと言いますか。。。

日足や場合によっては週足を見て大きな流れを確認、短い足で流れの方に乗る。

例えば日足なら数日くらいのローソクを見て判断した方が良いのか、パッと見た
感じのチャート全体で判断した方が良いのか。
4Hや1Hも同様の見方なのか。

今更なのですが、チャートを見て迷うことが多いです。
お時間のある時にでもアドバイスいただけたらと思います。


私もあいまいですよ。
逆に、今日のトレンドは下だ! とか自分勝手に決めるより、
あいまいな判断でどっちに転んでもよい方的な見方がうまくいく時もあります。
、というより、トレンドの後追いが多いです。

まず、見方から。 今日のユーロドルを例にするのでチャートを参考。

基本的には、設計図と同じだと思ってください。
、、、と言っても男性しかわからないか?
まず、チャート全体を見て全体像をつかみ、流れを見る。
その後、細部まで見ていき、今日の位置から一番近いレジサポは当然要チェック!
そして、トレンドを見る上で大事なのは、

  「今日のトレンド」


 特に全体の中の「自分がトレードする時のトレンド」

が大事なので15分や30分で確認。

15分は昼過ぎから上っぽい。 
30分は、横ばいみたい。
でも60分以上は明らかにダウントレンド。

じゃー15分のアップトレンドは本物なのか?

でもここ数日の動きはダウンなのでダウントレンドが強いと思う。
仮に、日足などではアップトレンドであったとしても、
ここ数日の60分以下のトレンドを重視して見ます。
たまたま、ユーロドルも、ここ数日がダウントレンドなので
ダウントレンド重視でみますが、
大きなレジサポでいきなり反転ということもあるので、
ダウントレンド重視だけど、大きなレジサポに近寄っていった場合は、
要注意します。
つまり、大きなトレンドより、その日のトレードする時間帯のトレンドを一番重視します。
だってデイトレでしょう〜
スイングじゃーないから。

ここで、チャートの動く特性について。

1番 チャートは上がる
2番 チャートは下がる
3番 チャートは横這い

つまり、3つの内のどれか?ですけど、チャートの動きの基本は、

チャートは常に押し目をつくりながら一直線には動かない。

ということは、全体はダウントレンド。
でも15分はアップトレンド。

ということは???????

これは押し目をつくる為の上昇かもしれない?  と疑ってみる。

するとやはり先週金曜日ニューヨーク時間午後の高値とのWトップ。
もし、もし、本当にWトップなら先ほどのブレイクラインもなんなく、
するりと通過するかも?
やっぱりした。
ということは、やはりロング方向ではない。
Wトップだったんだ!

よし、ショートエントリー 

という具合で、大きなトレンドと逆方向へのブレイクの場合は、
押し目をつくる為のダマシブレイクもあるということを常に頭に入れておくことが重要。
そして、反対に大きなトレンドと同じ方向へのブレイクはそのまま素直に入れば良いと
思います。
(それでも、ダマシの時もあるけどね!)

ですから、トレンドは自分で決めるというより、チャートの動きを見て
後追いで付いていく感じだと言った方が正しい感じです。

例えば、

FXB155.jpg

4Hのユーロドルは明らかなアップトレンド。

じゃーロング狙いのブレイクばかりなのか? というとそーでもない。
水色部分を拡大すると、

FXB156.jpg

15分チャートでは下へブレイクしている。
しかし、下へブレイクする前に、これもWトップっぽい動きをしているし、
結局、上にはブレイクしなかった。

だから、大きなタイムフレームでトレンドが出来た時にはすでに遅いので、
15分などの小さめのタイムフレームでどちらに動きそうなのか?
読み取ってそちらにもし本当に動くのであれば、
そちらに付いていき、危ないと思ったらすぐに逃げる。
特に大きなトレンドと反対方向の時は要注意。
同じ方向の時は素直に入る。

そして、ここ数日のトレンドを重視。
分かります?
デイトレードのブレイクは、その時のトレンドに乗るのが重要であって、
4Hや日足のトレンドに乗るわけではないのです。


分からなかったら、どこが分からないのか?
また、メール下さい。 

私事ですが、
結局、バレンタインの日に、
誰にもチョコもらえなかったな〜 残念。

[ 2011/02/15 00:28 ] 新着 | TB(-) | CM(-)
プロフィール
ニックネーム : FxB
FXブレイクを略してFxBです。 FXはあれや、これやと難しく考えすぎるとかえって複雑になってしまい、 結局勝てなくなってしまいます。 もっと簡単にシンプルに考えるfxブログです。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。